Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

28
2016  09:43:18

「仙洞御所」を参観させて頂きました!2015.02.12―2015.05.27―2015.11.24



2015.05.27撮影・・・
昨年に3度「仙洞御所」を参観させて頂いた時の写真を順不同で掲載させて頂きました。
「仙洞御所」の建築群は、1854年(安政元年)の火災後は再建されず、庭園のみが残っています。
「京都大宮御所」と「仙洞御所」の2つの御所の庭園が1つになったのが「仙洞御所の庭園」です。
「仙洞御所」は、17世紀の初めに後水尾天皇が、上皇となられた際に造営されました。
御殿は1854年に焼失したのを最後に再建されませんでしたが、庭園や茶室などが残っています。

「京都大宮御所」の玄関「御車寄(おくるまよせ)」です。ここから参観がスタートします。





2015.05.27撮影・・・「御常御殿」の前の「南庭(なんてい)」です。
別名「松竹梅の庭」と呼ばれています。
因みに「京都御所」の「紫宸殿」の前に広がる庭も「南庭」ですが、だんていと読みます。





2015.05.27撮影・・・「京都大宮御所」の「御常御殿(おつねごてん)」です。





2015.05.27撮影・・・「御庭口(おにわぐち)」を抜けると「北池(きたいけ)」です。すばらしい景観でした!





そしてこちらの写真は、2015.02.12撮影のものですが、かなり水位が下がっていました。
2014.12.01から2015.03.31まで、土橋改修工事及び護岸補修工事のため池の水が抜かれていたのです。orz





2015.05.27撮影・・・「阿古瀬淵(あこせがふち)」です。





2015.05.27撮影・・・「阿古瀬淵(あこせがふち)」に架かる「六枚橋」です。





2015.02.12撮影・・・「六枚橋」を渡ると「紀氏遺蹟碑」がありました。
この辺りに、平安時代の歌人「紀 貫之(きのつらゆき)」の邸宅があったと伝えられています。





2015.05.27撮影・・・「土橋」を渡ると「中島」です。




こちらは、2015.11.24撮影の写真です。





2015.05.27撮影・・・





2015.05.27撮影・・・「紅葉山」と「鷺の森」の間に架かる「紅葉橋(もみじばし)」です。
この下の掘割が「北池」と「南池」をつないでいます。





こちらは、2015.11.24撮影の写真です。





2015.05.27撮影・・・一枚石を使った落差2.3mの「雄滝(おたき)」です。(ポンプで水を汲み上げています)





2015.05.27撮影・・・





2015.05.27撮影・・・前方に見えるのは「反り橋」です。





2015.05.27撮影・・・





2015.05.27撮影・・・





2015.05.27撮影・・・「土佐橋」です。





2015.05.27撮影・・・「南池」の最南端にある茶亭「醒花亭(せいかてい)」です。名前は「李白」の詩からだそうです。





2015.02.12撮影・・・その出典を示す石刷り(拓本)の額です。右から2行目に「醒花」の文字があります。





2015.05.27撮影・・・茶亭「醒花亭」の前から眺める「南池」です。オーバルですね。





2015.02.12撮影・・・「栄螺(さざえ)山」です。発掘調査されていませんが、古墳だろうと言われています。





2015.11.24撮影・・・同じく紅葉の頃の「栄螺山」です。





2015.02.12撮影・・・「柿本社(かきのもとのやしろ) 」です。歌人の「柿本人麻呂」が祀られています。





2015.02.12撮影・・・





2015.05.27撮影・・・鷺も、のんびりと寛いでいるように見えます。^^





2015.05.27撮影・・・藤棚で覆われた「八ツ橋」です。





2015.05.27撮影・・・延長100mを超える「洲浜(すはま)」です。
敷き詰められた丸みを帯びた石は、約111,000個もあるそうです。
石1個を米1升と取り替えて集めたと言われ「一升石(いっしょうせき)」と呼ばれています。





2015.02.12撮影・・・茶室「又新亭(ゆうしんてい)」の「外腰掛(そとこしかけ)」です。





2015.02.12撮影・・・「又新亭」の茅葺の「「中門(ちゅうもん)」です。





2015.05.27撮影・・・再び「御庭口」の前で参観終了です。





ここからは、2015.11.24撮影の紅葉の「仙洞御所」です。







やはり「紅葉山(もみじやま)」の紅葉は、見事でした。





風が吹くと、落葉が舞い落ちてきます。風流です。





「掘割」です。「北池」と「南池」をつないでいます。





水戸家から献上された「寒水石灯籠(雪見灯籠)」です。





左の小島が「葭島(よしじま)」で、その奥には大きな銀杏の木も見えます。





ようやく、日が差してきました。やはり、きれいです!





バックは、茶室「又新亭」の大きな丸窓です。いつか「八ツ橋」の藤の花の頃にも訪れてみたいです。




スポンサーサイト

 日帰り旅行・小旅行

0 Comments

Leave a comment