Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

20
2016  20:19:19

移転後初めての「quatre lapin(キャトルラパン)」で「ステーキランチ」@新ダイビル2F



【2015.10.28】の過去記事です。
「新ダイビル」の2Fに移転後初めて、超人気の「quatre lapin(キャトルラパン)」に行ってきました。
やや暗いイキフンの「新地萬年ビル」の5Fにあった時には、2度ほど行ったことがありまんねん(ビル)^^





2Fのレストランフロアには、ビル西面のこちらの出入口から入ります。





真新しいエスカレーターで2Fへ。「新ダイビル」のエスカレーター設備は、この2基のみです。意外!





9:45に到着。ランチは、整理券制なのです。(番号を告げられるだけで、券は配布されません)
第1グループ(10名)の証の1番をゲットしました。
それから近くの「堂島アバンザ」にある「ジュンク堂書店」大阪本店でゆっくりと時間を過ごしました。
11:25に再びお店に戻ると「1分前には、お越しください」と告げられていましたが、まだマスター自ら店内を清掃中でした。
11:38にようやく店内に案内されました。たまにこんなことがあるらしいですよ。 (*゚ノェ゚)コッソリ





南面で景観はバッチリです。緑が多いので安らぎますね。





熱々のとろみのあるスープが、(゚д゚)ウマー!!!!! ランチは、ステーキランチのみです。
肉のグラム数により値段が違います。200g800円、300g1,050円、400g1,300円です。
私は、カウンター席の奥から6番目でした。マスターが「肉の量はどうしましょう?」と一人ずつ順番に聞いて下さいます。
奥から「200」、「200」、「200」、「200」、「400」そして私の番です。
かっこよく「Two hundred」って答えたら「400?」って素で聞き返されました。「200g」と言い直しました。





ソースは、ポンズ、ミソソース、わさび、塩・コショウの中から2種類選ぶシステムです。
前回と同じく、ミソソースとわさびにしました。(その時は、ポンズは誰も頼みませんでした)



肉質は、前から知っているし、ダイエット中の私には、200gで充分満足でしたよ。




住所:大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル2F 営業時間:11:30~14:00(月~金)  17:00~24:00(ディナーは、不定休)






北新地の隠れ家的フレンチ「quatre lapin(キャトルラパン)」でディナー♪

【2014.07.27】の過去記事です。(※現在は「新ダイビル」に移転しています)
お誘い頂きまして、超絶人気フレンチ「quatre lapin(キャトルラパン)」に4人で行ってきました。
過去に一度だけランチでお邪魔したことがありましたが、あまりの高コスパに吃驚仰天でした。^^
今回はなかなか予約の取れない待望のディナーです。この日をとっても楽しみに待っていました。
料理は、3,780円のとてもお得なコースを予約して下さっていました。





盛り沢山な前菜です。生ハム、カツオ、ムール貝、パテ、グリッシーニなどなど。
大きなアカエビもスパイシーなチリソースを付けて食べると、辛ッ、(゚д゚)ウマー!!!!!です。



饒舌なマスターが作る、饒舌な料理の数々。^^見た目も味も満足感に浸れること間違いなしです。





冷製のサンジェルマンスープです。濃厚で、(゚д゚)ウマー!!!!!
量もたっぷりで一体、一杯当たり何粒程のグリーンピースが使われているのでしょう?^^





バゲットは、リベイクされていて熱々モッチモチです。(゚д゚)ウマー!!!!!





魚料理は、イサキのポワレでした。心がほどける逸品です。楽しさが舌にも広がります。








肉料理は「伊勢赤鶏」でした。フォアグラが載っているのでこれもロッシーニと呼ぶのでしょうか?



この時点でかなり、お腹が一杯になってきました。そろそろ限界灘が見えてきましたよ。(謎^^)





辛口のシャンパン、ブリュットにチェンジ泡ーです。^^スッキリ、(゚д゚)ウマー!!!!!





デザートは、フルーツ、ヨーグルトのソルベ、パンナコッタでした。大満足です!





これは「食べログの美味しいお店BEST100」というタイトルのムック本の51ページです。
実は、私の写真と記事が掲載されているのです。
「大阪 予算8,000円以下の本当に美味しい店 BEST 5」の第1位が「quatre lapin(キャトル ラパン)」でした。





札幌、名古屋、京都、大阪、福岡のお店は5店舗ずつ掲載されていますが、東京のお店がメインの構成となっています。
発行:株式会社 宝島社 発売日:2014.09.29 サイズ:AB版(260×210㎜) 定価:730円+税 雑誌コード:60736-74


スポンサーサイト

 洋食

0 Comments

Leave a comment