Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

26
2016  20:07:59

2~3時間待ちは当たり前の超絶人気店「寿司大」@築地場内市場

【2012.03.10】の過去記事です。(※ 築地場内市場は今年の11月に豊洲に移転予定です)

4:30AM ホテルのけたたましく鳴り響くモーニングコールで起床しました。
慌しく服を着て、横殴りの冷たい雨が降る中、足早に築地場内市場に向かいました。



4:55AM 目指す、超人気のお寿司屋さん「寿司大(すしだい)」に到着しました。
まだお店は開いていませんがお店の前には既に、長蛇の列が出来ていました。
ちょっと挫けそうになりましたが、雨が降ろうが、待ち時間が長かろうがこのまま、すごすごと諦めて帰る訳には参りません。
何故かと言うと「寿司大」でお寿司を食べるために、築地市場近くのホテルを取りました。
そして、前日は東京の友人達と遅くまでかなり飲んだにもかかわらず、早起きしたのですから。





5:00AM 定刻に開店。1巡目のお客さんが順番に店内に入っていきます。列の真ん中辺りで引き戸が閉まりました。
残りの人数を数えると席数から私が24番目だったことが分かりました。
ここからが長かったのです。1時間経っても誰一人出てきません。
大半が「旬魚おまかせセット ※」(3,900円)を注文しているのでしょう、コース料理のように1貫ずつほぼ一斉に出てきます。
追加注文も出来ますが、しなければ1回転は、1時間程でしょうか?
途中でありがたいことに外で待つお客さんに熱いお茶のサービスがありましたが、とにかく寒かったです。
雨がいつの間にか雪に変わっていました。つま先が凍えて痺れてきました。
6:10AM もう限界か!?と思った瞬間、ついに店内に入ることが出来ました。
辛抱強く待つこと1時間15分が経過していましたが、ラッキーなことに2巡目のラストでした。
1人違うだけで更に1時間程、待たなければいけないところでしたから。

おはようございますっ!お待たせしました。ホント、寒いですねぇーっ!
若くて男前の(ジャイアンツファンの)大将の威勢のいいご挨拶に疲れも一気に吹っ飛びました。
そして店外のお客さんにも「お待たせして申し訳ないです!(´人`)」のポーズです。
大将の醸し出すパーフェクトなアトモスフィア・・・ホスピタリティ・・・心地良過ぎます。
寿司職人さん3名、女性2名、全員が実に気持ちのいい接客です。
「なるほどこれだな!」と気付きました。これなら外国人のハートもガッチリ掴んで離しませんね。
「今日はどちらから?」と大将。「大阪です。朝一番の新幹線に乗ってやってきました!」と私。
ほんのギャグのつもりでしたが、私の右隣の常連客と思しき方がボソッと「まだ着かないよね」
折りしも外は季節はずれの雪が積もり始めているだけに朝一番のギャグも見事に滑りました。
でもいつものことなので、けしてめげないミッキーちゃんなのであります。^^

※ 「旬魚おまかせセット」(3,900円)は、握り10貫、巻物1本、玉子焼、お椀、お好きなネタ何でも1貫サービスという内容です。
「にぎり寿司」(2,500円)もあります。こちらは、握り7貫、巻物1本、玉子焼、お椀です。





まずは「トロ」からスタートです。蛇腹(じゃばら)です。頂きます(^~^)・・・



いきなりフルスロットルでぶっちぎりの口福感!感動も一入の得も言われぬ美味しさです!!





「味噌汁」です。鯛のアラや蟹が入っています。価値ある一椀です。







「玉子焼」です。「熱いですから口の中、火傷しないで下さいよぉ~♪」と大将。
ネギの入ったボリューム感のある厚焼きの玉子焼で、甘い味付けです。熱々で・・・







「真鯛」です。出す順番も実によく考えられていると思います。







「銚子 金目鯛の昆布〆」です。こりゃ参った!








「馬糞雲丹(バフンウニ)」の軍艦です。濃厚で、甘みも感じられます。







「ホッキ貝」は、大将がパンッと掌で叩いて素早く握ると身が反り返りました。







「三重県 釣り鯵」です。一手間掛っているのが嬉しいです。







「富山県 白海老」です。白海老は、手剥きと機械剥きがあります。(美味しいのは前者です)



抜き身について大将に聞いてみました。「これだけは、富山で剥いたものです」とのことでした。





「壱岐の鰆(さわら)」です。壱岐だけに活きが、(・∀・)イイ!!ですね。粋なことが言えず、すいません。



昔からさわらぬ神にたたりなしと申しますので、すぐに頬張りました。(←謎^^)





「巻物」は鉄火とたらこキュウリでした。



そろそろお腹一杯になってきました。この前に「漬けマグロ」と「太刀魚」を食べたはずなんですが、写真がありませんでした。

撮る→食べる→撮る→食べる・・・を繰り返していたのですが、後半に2回ほど、撮るのを忘れて夢中で食べてしまったようです。^^





「煮穴子」です。





フワッフワです。これは形を留めるのが困難なほどの柔らかさです。





好きなネタ何でも1貫サービスは、目の前のケース内にあった「鮑(あわび)」にしました。
実は、最初からこれに決めていました。収斂した身がコリッコリです。喜びを噛みしめましたよ。



めったに高級店に行かない(行けない。^^)私が言うのもおこがましいのですが、味よし、サービスよし、雰囲気よし、値段よしと、これほど三拍子も四拍子も揃ったお寿司屋さんは、稀有だと思います。
早暁にお寿司を食べたのも初めてですが、1時間15分並んだのも初めてでしたが。^^
口コミ、ガイドブックの影響も大ですが、一度行くとその感動をまた味わいたくてリピーターが増え続けているのでしょう。

最高に気持ち良く、最高のお寿司が食べられるお店」です!



住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場 6号館 営業時間:5:00~14:00 定休日:日、祝日(築地市場に準ずる)
スポンサーサイト

 寿司

0 Comments

Leave a comment