Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

28
2017  11:49:44

2017年「祇園祭 山鉾巡行(後祭)」を観覧しました♪



7月17日の「祇園祭 山鉾巡行(前祭)」に続き、7月24日に後祭も観覧しました。
観覧場所は、前祭と同じ「河原町御池」の交差点です。9:20頃に到着しました。
南西角を狙っていたんですが既に、見物客で立錐の余地もなかったので北東角にしました。





①「橋弁慶山(はしべんけいやま)」です。は、毎年巡行順が決まっている「くじ取らず」です。
弁慶と牛若丸が五条大橋で戦う姿を表しています。この山には、山の特徴である「山籠」も「真松」もありません。





②「北観音山(きたかんのんやま)」です。



            

③「鯉山(こいやま)」です。
龍門の滝を登った鯉は龍になるという中国の伝説を表しています。





④「役行者山(えんのぎょうじゃやま)」です。
修験道を主題にした山で、御神体は役行者と一言主神と葛城神の三体です。



            

⑤「八幡山(はちまんやま)」です。
町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請したもので、祠は総金箔貼りです。





⑥「南観音山(みなみかんのんやま)」です。



            

⑦「鈴鹿山(すずかやま)」です。
鈴鹿山で人々を苦しめた悪鬼を退治した説話に因んだ山です。





⑧「浄妙山(じょうみょうやま)」です。平家物語の宇治川の合戦に因んだ山です。
筒井浄妙が橋を渡って一番乗りしようとした時、後から一来法師がその頭上を飛び越えた様子を表しています。



            

⑨「黒主山(くろぬしやま)」です。
謡曲「志賀」に因み、大伴黒主が桜花を仰ぎ眺める姿が表されています。
山を飾る桜の造花は、戸口に挿すと悪事除けになると言われています。







⑩「大船鉾(おおふねほこ)」です。
1864年の「蛤御門の変」により一部を残し焼失しましたが、2014年に150年ぶりに巡行に復帰しました。
前祭の「船鉾」が「出陣船鉾」と称されるのに対し「凱旋船鉾」と言われています。





「山鉾巡行」が終わると、ほどなくして「花傘巡行」が始まりました。
巡行時間の関係からも河原町御池の交差点はベストポジションだと思ったのですが・・・
巡行は道路の中央ではなく右側通行でした。やはり、南西角がベストポジションでしたね。













「花傘巡行」は、華やかでいいですね。出来ればもっと間近で観覧したかったです。

「山鉾巡行(前祭)」の過去記事②です。→ http://mickeyjapan.blog.fc2.com/blog-entry-371.html
「山鉾巡行(前祭)」の過去記事①です。→ http://mickeyjapan.blog.fc2.com/blog-entry-370.html
スポンサーサイト

 日帰り旅行・小旅行

0 Comments

Leave a comment