Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

28
2017  00:10:58

京都市左京区の大原に行ってきました♪②「宝泉院」



5月21日に、京都市左京区の大原に行ってきました。後編です。
まず「三千院」に行った後は、参道奥にある「宝泉院(ほうせんいん)」に向かいました。







途中に「勝林院(しょうりんいん)」の前を通りました。(拝観していません。^^)
「魚山大原寺勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)」も、「三千院」と同じく天台宗の寺院です。
因みに「魚山」は、「円融院」、「往生極楽院」、「勝林院」、「来迎院」、「融通念仏寺」等の諸寺院の汎称です。
その「勝林院」の西側に「宝泉院」があります。拝観料は、800円(大人)で抹茶と和菓子がサービスで付いています。
それでは、玄関の門を潜り、中に入ってみましょう・・・・・・。











いきなり圧倒されたのが、樹齢なんと700年と伝えられる「五葉乃松ごようのまつ」です。「京都三松」の1つに数えられています。
因みに「京都三松」の後の2つは「善峯寺よしみねでら」の「遊龍の松ゆうりゅうのまつ」と「金閣寺」の「陸舟の松りくしゅうのまつ」です。(今回、制覇できました)







万人に絶賛される「盤桓園(ばんかんえん)」は、柱と柱の空間を額に見たてて観賞する「額縁庭園」を代表する庭です。





            

抹茶と和菓子を頂きながらのんびりと庭を眺めていると、いつの間にか男性の声が聞こえてきました。
そのソフトな語り口調の声の主は・・・「宝泉院」のご住職「藤井宏全(ふじいこうぜん)」氏でした。





竹製の長い差し棒をお持ちのご住職から直接「血天井」のお話を伺うことが出来ました。
1600年の関ヶ原の合戦の前、徳川の忠臣・鳥居元忠以下数百名が豊臣の大軍と戦い「伏見城」中で自刃した。
その武将達の霊をなぐさめ、自刃した場所の床板を天井板にして供養のため祀ったもの
」とのこと。合掌・・・(-m-)





座っていると時の経つのも忘れるほど・・・。
青紅葉のバックの竹林の間から、大原の里の風情を満喫できます。紅葉もさぞかし見事だろうと想像出来ますね。







京都市内より数℃低いはずの大原。晴天でかなり暑い日でしたが、不思議と汗が引いていきました。
大学時代以来の大原でしたが今回も来て良かったと満足感たっぷりの洛北の旅でした。ありがとうございました。

大原の過去記事です。→ http://mickeyjapan.blog.fc2.com/blog-entry-326.html




所在地: 京都市左京区大原勝林院町187
スポンサーサイト

 日帰り旅行・小旅行

0 Comments

Leave a comment