Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

26
2016  22:18:38

「東京オリンピック」の公式バッジを頂きました♪



「東京オリンピック」の公式バッジを関係者の方から頂きました♪オリンピック関連のバッジは3種類持っています。
左が2008年の「北京オリンピック」関連のもので、中央が「2020年東京オリンピック・パラリンピック招致PR用」です。
無色透明だったエポキシレジンが黄変していました。引き出しにしまっていたので紫外線ではなく酸化だと思います。
そして右が今回頂いた「東京オリンピック」の公式バッジです。(※東京都庁内の6箇所で、648円で販売されています)





左は「2016年東京オリンピック構想」のデザインです。
デザイン・コンセプト「MUSUBI(結び)」、デザイン・モチーフ「MIZUHIKI(水引)」
スポーツと文化を結ぶ。都市と環境を結ぶ。子どもたちと未来を結ぶ。テクノロジーと心を結ぶ。日本と世界を結ぶ。地球と平和を結ぶ…。
「結び」は「生命を生み出す新たな魂」を意味し、日本文化は、古来より新しいものが生まれてくる場を、水引と呼ばれる飾りひもを結び祝福してきました。
東京オリンピック招致ロゴは、この日本の伝統の心とオリンピックの精神を結んで生まれたものです。
2016年の東京オリンピックにより、新たな価値を創出し、都市と地球の未来を拓き、時代を担う子どもたちに引き継ぐことを願い、水引のモチーフにオリンピックの5色を重ねて表現しました。


右は「2020年オリンピック・パラリンピック招致活動」のロゴです。
デザインのコンセプト――― 日本を象徴する、桜。友好・平和の証として、感謝の気持ちとして、世界各地へ贈られてきたこの花をモチーフにデザインされています。
オリンピックカラーの赤、青、黄、緑、そして黒の代わりに東京を表す色「江戸むらさき」を使用。
花びらが一枚ずつ、世界をつなぐように一つの大きな輪となり、桜のリースを作り上げています。永遠、幸福を表すリースには「再び戻る」という意味もあります。
日本で1964年以来のオリンピック・パラリンピックを開催し、スポーツを通じてこの国に勇気と活気を取り戻したい、という強い願いが込められました。日本で、再び、平和の祭典を。
新しい招致ロゴは、2020年の夢の実現に向けて、世界中の人々をつないでゆきます。


どちらもすばらしいデザインだと思います。





          

「組市松紋」は、市松模様のパターンに日本の伝統色である藍色を配し、粋な日本らしさを表現しています。
藍色一色のデザインについて「日本らしい」という声があった一方で「地味」、「シンプルすぎる」などの意見もありましたが、作者の野老(ところ)氏は「江戸小紋のような潔い表現がしたかった。夏の大会なので、涼しげな色がいいのではと思った」と述べておられます。
――― 「平等の精神」を表現するため、形の異なる3種類の四角形を45個配置。小紋の基本的な輪の形に自身の作風を落とし込み「繋がる」イメージに仕上げた ―――
右下に「™」TMマーク(Trademark)が入っていますね。
スポンサーサイト

 グッズ

0 Comments

Leave a comment