Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

ミッキーの日常

01
2020  20:11:13

奈良大和路の花の御寺「長谷寺(はせでら)」に行って来ました♪



又兵衛桜」を鑑賞した後、近鉄 長谷寺駅で下車し「長谷寺(はせでら)」に行ってきました。
「長谷寺」は、奈良県桜井市初瀬(はせ)にある真言宗豊山派の総本山で「花の御寺」とも称されています。





いきなり、見事なシダレザクラが目に飛び込んできました!満開でした。





入山料は、中学生以上は500円です。(小学生は半額)
立派な「仁王門」(重要文化財)は「長谷寺」の総門です。
いつも思うのですが、両脇の仁王像前の見え難い防鳥金網は何とかならないものかと。





圧巻です!ロング、ロングな重要文化財の「登廊(のぼりろう)」です。
踏み面(ふみづら)は、かなり広い石段です。 全長は108間と言うことなので、200m弱あります。





平安時代の1039年に造られたもので399段、上中下の三廊に分かれていて、特徴的な丸い長谷型の灯籠を吊るしています。





黄色の花の「サンシュユ(山茱萸」」とピンクの花の「カンヒザクラ(寒緋桜)」です。コントラストが、(・∀・)イイ!!です。





「登廊」を上りきると、国宝の「本堂」に到着です。本尊は「十一面観世音菩薩立像」です。壮観でした!
小初瀬山(おはつせやま)中腹の断崖絶壁に懸造り(舞台造り)されていて、正面(内陣)と礼堂(外陣)があります。

映えると人気の撮影スポットの礼堂(外陣)です。季節により「床みどり」、「床もみじ」と四季の移ろいが感じられます。
さながら、今の季節は「床さくら」でしょうか?因みに、お坊さんのようなシルエットは「賓頭盧(びんずる)尊者」像です。





小雨に煙る「五重塔」です。1954年(昭和29年)戦後、日本に初めて建てられた「五重塔」です。





「長谷寺」の塔頭寺院「陀羅尼堂(だらにどう)」です。







「香港居士林研修道場」とあります。
「居士林(こじりん)」は禅の修行場のことですが、香港人限定?なのかは不明です。







シダレザクラは、どこも満開でした。桜の花は、フラジャイルだからこそ心が惹かれるのかもしれませんね。





国宝の「本堂」です。
扁額(へんがく)には「大悲閣(だいひかく)」と書かれています。観世音菩薩像を安置した仏堂のことです。







最後の写真は、重要文化財の「本坊」の玄関からです。
事相、教相の根本道場である大講堂や書院などがあります。現在の堂宇は、1924年に再建されました。
4月下旬から5月上旬は150種類以上、7,000株とも言われる牡丹が満開になるそうです。ぜひ、行きたいです!




所在地:奈良県桜井市初瀬731-1

スポンサーサイト



 日帰り旅行・小旅行

0 Comments

Leave a comment